ゲノム編集育種生物の規制対応と産業化

 生物のゲノム情報を自由自在に書き換える(編集する)技術の実用化が急ピッチで進んでいる。外来遺伝子を含む従来型の遺伝子組換え生物の規制との関連でどう対処するか、日米欧などで規制緩和が進む状況を紹介する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)