リポート

岐路に立つバイオバンク

有償で試料分譲するバンクが増加、企業の多様な需要に応える動きも
(2016.09.12 00:32)1pt
2016年09月12日号
久保田文

 「これまでは創薬に関わる研究者や企業の需要と、バイオバンクが提供する試料や情報にギャップがあった。しかし最近、潮目が変わってきたと感じる」。国立がん研究センター(NCC)のバイオバンクの運営に携わり、現在は神奈川県のバイオバンクに関わっている神奈川県立がんセンター医療技術部の古田耕部長は、国内のバンクを取り巻く状況の変化について、こう述べる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

リポートのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧