SDGs関連のバイオ製品、高付加価値へチャレンジ

 コンビニやスーパーのレジ袋有料化などをきっかけに、「SDGs」「脱炭素社会」などの言葉が、日本の消費者に広く浸透してきた。しかし、消費者の購買行動が急激に変わるかといえばそうではなく、現状ではまだ製品の質や価格を重視する消費者が大多数を占める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)