スタートから暗雲漂う日本版癌ゲノム医療

 保険診療下での癌ゲノム医療が国内でもスタートした。厚生労働省は、2018年12月、2品目の癌ゲノム医療向けのプロファイリング検査(パネル検査)を承認。厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)総会を経て、2品目とも2019年6月に保険適用された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)