解説・武田薬品工業によるアイルランドShire社の買収劇

 2018年5月8日、アイルランドShire社は武田薬品工業による買収提案に合意した。買収総額は460億ポンド(約6兆8000億円)に上り、日本企業のM&Aとしては過去最大。両社の株主総会で賛成などが得られれば、2019年上期に手続きが完了する。買収後、武田薬品の売上高は300億ドルを超え、世界8位になる見込みだ。【この記事は、日経バイオテク本誌2018年5月14日号のリポートですが、本誌発行に先駆けて、日経バイオテクONLINEで公開します】

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)