2018年バイオ企業番付

 日経バイオテク編集部では、2018年のバイオ企業番付を決定した。武田薬品工業が5年ぶり、中外製薬が2年ぶりに横綱に返り咲くとともに、タカラバイオ、JCRファーマは横綱の地位を守った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)