欧米製薬大手のパイプライン分析─2020年度3Q(企業編)

 欧米大手製薬企業が2020年第3四半期の業績発表に合わせて更新したパイプライン情報を基に、開発領域やその段階、新規分子化合物(NME)数などについて調査した。対象企業は、本誌ウェブサイトの連載である「海外大手企業の2019年度決算を読む」で報告した14社に、糖尿病治療薬や蛋白質製剤などで注目のデンマークNovo Nordisk社を加えた15社とした。またこれらと比肩する規模となった武田薬品工業は、データを参考値として加えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)