特集

3次元組織・臓器の作製

機能代替目指す次世代再生医療、複雑な構造は発生模倣して作製
(2016.12.05 00:31)1pt
2016年12月05日号
高橋厚妃

 積層させた3次元の組織や、臓器の“芽”である臓器原基を作製し、臓器の機能を補助したり、機能を代替する研究開発が活発化している。現在、承認を受けている再生医療等製品のうち、組織や臓器の機能を補助する効果が期待されているものには、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングのヒト培養表皮「ジェイス」(ヒト(自己)表皮由来細胞シート)、培養軟骨「ジャック」(ヒト(自己)軟骨由来組織)、テルモの「ハートシート」(ヒト(自己)骨格筋由来細胞シート)がある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧