本格化するエクソソーム療法の開発

 エクソソーム(細胞外小胞)を治療に応用するための研究開発が、世界的に本格化している。オセアニアや欧州では、疾患への治療効果が期待される善玉のエクソソームを健常者や患者に投与する、エクソソーム療法の臨床試験が複数進行中だ。また米国や欧州では、2020年にかけて、新たなエクソソーム療法の臨床試験が複数スタートすると見込まれている。国内でも数年以内には、エクソソーム療法の臨床試験が始まるとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)