国内でエクソソーム療法を事業化する2つの道筋

 世界ではエクソソーム療法の開発が臨床段階まで進んでいる。国内でも数年以内にエクソソーム療法の臨床試験が開始される見通しだ。こうした状況を受けて、バイオ医薬品や再生医療などの医薬品受託製造開発(CDMO)を手掛ける企業も、エクソソームの受託製造の機会をうかがっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)