保険診療下での癌ゲノム医療

 保険診療下で、癌ゲノム医療向けのプロファイリング検査(癌クリニカルシーケンス)が実用化される日が近づいている。厚生労働省の「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」(座長:国立がん研究センター研究所の間野博行研究所長)が、2017年5月にまとめた報告書の筋書き通り、近くプロファイリング検査が承認され、2019年にも保険収載される見通しだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)