メガファーマのパイプライン分析―2019年2Q(企業編)

 欧米大手製薬企業が2019年12月期第2四半期業績を発表するのに合わせ、日経バイオテクでは創薬パイプラインデータベースを更新した。また、開発プロジェクトについて、企業別および領域別に分析した。パイプラインのうち新規分子(NME)のプロジェクト数についても別途算出しており、後述する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)