実用化に向けた開発競争が激化する培養肉

 培養肉の生産では、骨や皮などの食べられない部位が生じないため、従来の畜産による食肉生産よりも高いエネルギー効率を達成できると考えられる。培養する細胞さえ得られれば、動物を屠殺することなく肉を得られるという点で、動物愛護意識の高い層や、イスラム圏にも需要が見込まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)