次世代エピゲノム創薬

 ヒトのゲノム解読が一段落した2001年から17年が経過、ゲノムに書き込まれた遺伝情報の塩基配列を基に新薬を開発するゲノム創薬が予想されていた通りに進まない中で、ゲノムに書き込まれた遺伝情報が生物個体の発生段階や環境への対応によってどのように発現し次世代に継承されるかという、ゲノムワイドなエピジェネティクス(エピゲノム)に期待が集まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)