特集

上場バイオベンチャーと製薬企業の報酬調査2018年度

ベンチャーと製薬の年収差は202万円、役員報酬は2.5倍の格差に
(2019.10.21 00:32)1pt
2019年10月21日号
野村和博、伊藤勝彦=医薬品業界アナリスト

 給与情報の調査は有価証券報告書に基づいて行った。ベンチャー企業の対象は、本紙が算出しているバイオ業界の株価指数「バイオINDEX」の対象42社のうち、上場して間が無いステムリムを除く41社である。また窪田製薬ホールディングスについては、純粋持ち株会社で従業員がいないため平均年間給与の欄から除外している。製薬企業の対象は医療用医薬品を主に扱っている31社とした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧