経産省、約373億円を要求し、新規モダリティの基盤技術開発に着手

 経済産業省は、バイオ関連予算に2020年度比で135億4000万円(56.9%)増の373億3000万円を要求した。一部の事業内容が大幅に変わり、増額要求された影響などを受けた。なお、経産省全体の要求額は、1兆4335億円で、2020年度の当初予算である1兆2719億円と比べ、12.7%増となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)