腸内細菌と癌治療

 2018年1月、欧米の3つの研究グループによる、抗PD1抗体の感受性の高い患者と低い患者の間で、腸内細菌叢に大きな違いが見られるとするそれぞれの論文がScience誌に掲載された。免疫チェックポイント阻害薬(Immune Checkpoint Inhibitor:ICI)の感受性が高い患者の糞便を無菌マウスに移植したところ、マウスでの腫瘍増殖が抑えられた。逆に、ICIへの感受性が低い患者の糞便を移植したマウスに、同定された菌を投与したところ、T細胞が腫瘍組織に集積する様子が見られたことなどが報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)