遺伝子スパイ事件 、日本がまだ米国からライバル視されていた時代のあだ花

 今から20年前の2001年5月9日、米国中西部のオハイオ州で1人の日本人が米連邦捜査局(FBI)に逮捕されるというショッキングな事件が起きた。後に「遺伝子スパイ事件」と呼ばれるようになった事件の始まりだった。当時、駆け出しの記者だった私は、大国のエゴによって善良な市民の人生がいとも簡単に変わってしまう不条理を初めて知った(坂田亮太郎=日経バイオテク編集長、1998年~2003年まで日経バイオテク記者)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)