「横綱」が最も多かったバイオ企業は?

 「バイオ企業番付」が初めて本誌に掲載されたのは1986年1月のこと。それ以降、前年の研究開発、事業開発の成果を踏まえて毎年1月に編成される番付は、本誌の恒例企画となった(久保田文=日経バイオテク副編集長、2002年~2006年:日経バイオビジネス記者、2007年~2009年:日経バイオテク記者)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)