特集

核酸医薬、国内製薬トップ11社が研究に着手

創薬基盤技術を確立する企業が続々、数年内に開発品が相次ぎ臨床入りへ
(2019.09.23 00:32)1pt
2019年09月23日号
久保田文

 国内の製薬企業への取材を通じ、売上高上位11社が核酸医薬の研究に着手していることが分かった。低分子薬で培った技術や人材を生かし、創薬基盤技術を確立して核酸医薬の創製を図る企業も多い。先行企業ではどこも複数の創薬プロジェクトが動いている状況で、数年後には相次いで臨床入りしそうだ。

【セミナー告知】11/21開催「多様化する核酸医薬のモダリティ」
アンチセンス、siRNA、RNA編集、ゲノム編集と多様化する核酸医薬について専門家が登壇!

開催:2019年11月21日(木) 13:00~17:30 (開場12:30)予定

会場:AP 日本橋(東京・日本橋)

詳しくはこちらをご覧ください → https://nkbp.jp/2AQpuZA

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧