年間報酬調査2019年度―バイオベンチャー編

 給与情報の調査は、直近に開示された有価証券報告書に基づいて行った。本調査の対象企業は、本誌が算出しているバイオ業界の株価指数「バイオINDEX」を形成する42社である。しかし、2020年7月28日時点で、リボミックとリプロセルが有価証券報告書を開示していないため、今回の調査からは除外した。結果的に2018年度の調査から、リボミック、リプロセル、2020年3月に上場廃止となったUMNファーマの3社が外れて、セルソース、ステムリム、窪田製薬ホールディングスの3社が新たに加わったことで、前回の調査と同じ40社が対象企業になっている。平均年間給与の高低には、業績はもちろんのこと、業務内容、所在場所、平均年齢、従業員数の増減など、様々な要素が関係している。それらの情報もできるだけ記載するように努めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)