KRAS標的創薬を可能にしたコバレントドラッグの今後の展開

 世界初のKRASを標的とした薬剤であるソトラシブをはじめ、現在世界では、数多くのKRAS G12C阻害薬の開発が進んでいる。そのほとんどが、変異によって生じたKRAS G12Cのシステイン残基を狙ったコバレントドラッグだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)