KRASを標的とした薬剤開発競争の幕開け

 アンドラッガブルの代表格だったKRAS(Kirsten rat sarcoma viral oncogene homologue、図1)を狙い撃ちできる時代が到来した。2021年5月、米食品医薬品局(FDA)は、KRAS G12C変異陽性の非小細胞肺がん患者を対象に米Amgen社の「Lumakras」(一般名:ソトラシブ、開発番号:AMG510)を迅速承認した。ソトラシブは、KRASの変異型の1つ、KRAS G12C蛋白質を阻害する低分子薬であり、KRASを標的とした世界で初めての薬剤である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)