特集

米Industrial BIO 2018報告

組換え微生物での商業製造が拡大、食品添加物や香料で実用化進む
(2018.08.06 00:32)1pt
2018年08月06日号
高橋厚妃

 米Biotechnology Innovation Organization(BIO)が主催する2018 BIO World Congress on Industrial Biotechnology(Industrial BIO 2018)が、2018年7月16日から19日まで、米国フィラデルフィアで開催された。Industrial BIOは、化学品や医薬品原料、環境、食品分野などに焦点を当てたバイオテクノロジーのイベントで、今回で15回目となった。主に組換え微生物を利用し、食品添加物や香料、バイオ燃料、バイオプラスチックなど高分子素材の原料を製造する企業と、それらの物質を利用する化学メーカーや食品メーカー、化粧品メーカーなどの姿が目立った。他にも、アカデミアや投資会社なども集まり、1000人ほどが参加したもようだ。日本人の参加者は、「物質生産の商談はIndustrial BIOで行うのが良いと考えており、ここ数年毎年来ている」「研究開発のトレンドを知ることと、有望な共同研究先や提携先を見つけるために参加している」などと話していた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧