3章 懸念材料だった接種後増悪の評価は今

 COVID-19のワクチン開発に当たって、業界の不安材料になっているのが、ワクチン接種後にSARS-CoV-2に自然感染することで、抗体依存性感染増強(Antibody-dependent enhancement:ADE)やワクチン関連の呼吸器疾患増強(vaccine-associated enhanced respiratory disease:ERD)が起きるのではないかという懸念だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)