バイオベンチャーの導出契約◎2019

 本誌では毎年6月から7月にかけて、日本のバイオベンチャーの導出契約に関する調査を行っている。未上場企業を含めたベンチャー各社が創製または導入した開発品が、外部の企業に導出された件数を集計したところ、それらの導出契約やオプション契約は2019年6月末時点で合計118件に上る(表1)。このうち2018年7月から2019年6月末にかけて新たに契約締結に至ったのは15件に上り、1年前の同時期で集計した13件に続いて、高い水準で導出契約が結ばれていることが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)