特集

国内大手製薬企業の2016年度の業績

特許切れでパイプラインの拡充急ぐ、営業利益率の高低が明確に
(2017.06.26 00:31)1pt
2017年06月26日号
高橋厚妃、久保田文、山崎大作、河田孝雄

 国内製薬企業の2016年度の業績と、開発中の候補化合物の更新状況をまとめた。売上高上位10位のうち、決算期を3月期としている比較可能な武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、田辺三菱製薬、大日本住友製薬、塩野義製薬に、小野薬品工業を加えた8社の業績は、大日本住友と塩野義、小野薬品を除いて、軒並み減収だった。8社の業績で、まず医療用医薬品の国内での売上高に注目したところ、薬価改定の影響を受けた武田薬品とアステラスを抑え、第一三共が、2015年度より3.7%増の5959億円となり、首位となった。医療用医薬品の国内での売上高が2015年度と比較して増加したのは他に、エーザイ、田辺三菱、塩野義、小野薬品だ。エーザイは不眠症治療薬「ルネスタ」(エスゾピクロン)や抗癌剤「レンビマ」(レンバチニブ)などが好調だった。田辺三菱は関節リウマチ治療薬「シンポニー」(ゴリムマブ)が、塩野義は抗うつ薬の「サインバルタ」(デュロキセチン)が、小野薬品は抗PD1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)が伸びた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧