特集

10年ぶりにまとまった日本政府の「バイオ戦略」

潜在市場を踏まえ重点領域を9つ設定、ロードマップに具体策を盛り込めるか
(2019.06.24 00:32)1pt
2019年06月24日号
日経バイオテク編集部

 政府の統合イノベーション戦略推進会議(議長:菅義偉官房長官)は2019年6月11日、バイオ戦略2019を決定した。「2030年に世界最先端のバイオエコノミー社会を実現する」という全体目標を掲げ、新市場創出・海外市場獲得という視点から、将来に狙うべき9つの市場領域を提示した。また、バイオ関連の研究開発基盤の構築や、国内外からの投資を呼び込む国際拠点の形成など、インフラ整備にも言及した内容となった。バイオ戦略2019は6月中に閣議決定され、2020年(令和2年)度以降の各省庁の様々な施策に反映されていく。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧