特集

ゲノム編集技術の最新動向

3000円で始められるCRISPR、有用生物の育種・改変が加速
(2017.05.15 00:31)1pt
2017年05月15日号
河田孝雄

 生物の設計図であるゲノム情報を編集できるゲノム編集技術が発展し、生物の特性を高める“育種”の技術革新が目覚ましく進んでいる。人類が地球上の限られた環境や資源の中で永続的に繁栄していくために、ゲノム編集育種が大きな貢献をするとみられている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧