マイクロバイオーム農業

 微生物叢の利活用により、農作物の収量を上げたり、化学的に合成された肥料や農薬を減らしたりできるのではないか――。今米国で、植物微生物叢(plant microbiome)を使った農業資材の開発が盛り上がりを見せている。実際、米国の農業バイオの大手である米Monsanto社が、微生物叢を解析し、トウモロコシの収量を増加させる微生物を同定。同微生物を表面にコーティングした種子の販売も開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)