下水による新型コロナウイルスのモニタリングは有用か?

 「本日の○○県○○市の下水の分析情報です。ノロウイルスは減ってきましたが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が増えてきました。手指消毒など感染対策を徹底するとともに、必要に応じて医療機関を受診したり、PCR検査を受けたりしてください」──。数年後、ウェブサイトや携帯電話のアプリから、居住地や勤務地の下水の分析情報を毎日閲覧し、感染対策に活用することが当たり前になるかもしれない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)