特集

細胞医薬の製造工程の機械化

品質担保やコスト削減効果を期待、細胞の種類で異なる機械化の程度
(2019.03.25 00:32)1pt
2019年03月25日号
高橋厚妃

 間葉系幹細胞(MSC)や胚性幹(ES)細胞、iPS細胞などを用いた細胞医薬の他、遺伝子治療でも、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法のように、体外で細胞に遺伝子を導入する場合には、細胞を培養や加工する必要がある。従来、こうした細胞の培養や加工は手作業で行われてきたが、臨床での実用化の進展に伴い、製造工程の機械化が検討されるようになってきた。本稿では、これら細胞ベースの医薬品を広義の「細胞医薬」として、その機械化の動向をまとめる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧