エクソソームも登場、リキッドバイオプシーの開発動向

 固形がんの診断や薬効予測、予後予測などの検査に、血液や尿、唾液などの液性検体を用いるリキッドバイオプシー(liquid biopsy:LB)の研究開発が活発化している。リキッドバイオプシーには、内視鏡や特殊な器具を使って組織を採取する従来の生検(biopsy)に比べ、採取に伴う侵襲が少ないことや生検が実施できない患者にも適用できること、早期から進展に応じて何度も実施しやすいこと、検査によっては結果が出るまでの時間が従来の生検より短いこと――などの利点がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)