特集

エクソソームも登場、リキッドバイオプシーの開発動向

検査機器企業も電機企業も参入、臨床的有用性の構築が共通課題
(2020.03.02 00:32)1pt
2020年03月02日号
久保田文

 固形がんの診断や薬効予測、予後予測などの検査に、血液や尿、唾液などの液性検体を用いるリキッドバイオプシー(liquid biopsy:LB)の研究開発が活発化している。リキッドバイオプシーには、内視鏡や特殊な器具を使って組織を採取する従来の生検(biopsy)に比べ、採取に伴う侵襲が少ないことや生検が実施できない患者にも適用できること、早期から進展に応じて何度も実施しやすいこと、検査によっては結果が出るまでの時間が従来の生検より短いこと――などの利点がある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

特集のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧