クライオ電子顕微鏡

 クライオ電子顕微鏡(クライオ電顕、cryo-EM)と呼ばれる構造生命科学の新解析手法に注目が集まっている。クライオは“極低温”を意味する。解析対象の生体分子を凍らせた試料に電子線を照射して撮影する顕微鏡が、クライオ電顕だ。ここ数年の技術革新が連鎖的に発展し、蛋白質など生体分子の立体構造(3次元構造)を、原子レベルに近い高解像度で決定できるようになった。トップジャーナルで毎週、研究成果が発表されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)