バイオ関連市場の動向と2022年の展望

 日本で唯一のバイオテクノロジー専門メディアとして、日経バイオテクは日本国内におけるバイオ関連の市場規模を1986年から毎年、独自に集計してきた。主要企業への取材や各種統計資料などをベースに、専門家の意見も踏まえて市場規模を推定している。34冊目となる『日経バイオ年鑑2022』では、2020年を実績値、2021年は推定値、そして2022年は予測値として市場規模を算出した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックはワクチンや治療薬だけでなく、ライフサイエンス分野の研究支援機器などの需要にも多大な影響を与えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)