印刷する

閉じる

特集

2019年のトレンドを読み解く

初の遺伝子治療が承認へ、ファースト・イン・クラスの新薬続々
(2019.01.14 00:32)1pt
2019年01月14日号
高橋厚妃、伊藤勝彦、坂田亮太郎、河田孝雄、久保田文

 2019年は、国内で再生医療等製品(遺伝子治療を含む)が相次いで実用化されそうだ。2018年中に承認申請された製品が幾つかあることに加え、今後2019年に承認申請される製品でも、先駆け審査指定制度の対象品目に指定されていれば、申請から半年程度で承認を得る可能性があるためだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み