DTxの発展のため「苦戦事例」の共有を

 2020年8月、CureApp(東京・中央、佐竹晃太社長)の開発したニコチン依存症治療用アプリが、医療機器としての承認を取得。同年12月からの保険償還も決まった。国内で治療を目的としたアプリケーションソフトウエアが承認を取得し、保険診療下で実用化される初の事例だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)