業界こぼれ話

抗癌剤の開発ラッシュで被験者不足発生?

(2016.12.05 00:38)1pt
2016年12月05日号

 抗PD1抗体の「オプジーボ」(ニボルマブ)や「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)などの癌免疫チェックポイント阻害薬は、海外で米Bristol-Myers Squibb社や米Merck社を始めとする製薬企業などが、数百本の臨床試験を走らせており開発競争が激化している。一方、開発競争は治験に参加する被験者の取り合いにもつながっているようだ。2016年8月に開催された協和発酵キリンの決算説明会で、同社の「ポテリジオ」(モガムリズマブ、KW-0761)の米国での併用療法の開発がやや遅れていることが報告された。その理由は癌免疫チェックポイント阻害薬を開発する企業の増加で、開発に適した条件に合う癌患者を登録するのに苦労しているためということだった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧