オンコセラピー・サイエンスは2018年11月21日、代表取締役の山本和男氏が11月末で社長を退任すると発表した。理由は「一身上の都合」として、詳細は明らかにしていない。後任社長は取締役臨床開発部長の鄭秀蓮(ちょん・すよん)氏が務めるが、2019年1月23日開催予定の臨時株主総会までのワンポイントリリーフだ。その後は連結子会社のCancer Precision Medicineの藤谷京子(ふじや・きょうこ)社長がオンコセラピーの社長も兼務する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)