世界的に評価の高い英科学誌「Nature」が今年9月、日本の再生医療政策に対する批判的な記事を掲載した。再生医療等安全性確保法(再生医療新法)に基づいて医療機関が届け出をするだけで合法的に再生医療を提供できるようにしていることと、医薬品医療機器等法(薬機法)に基づいてランダム化比較試験(RCT)を実施せずに早期承認を与えていることに疑問を呈する内容だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)