国産コロナワクチンの開発はこんなに大変

 日本発の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンが、2020年末から2021年にかけて続々と臨床試験入りする。それらのワクチン開発を手掛ける日本企業にとって、最大の課題になっているのが「第3相をどうするか」という問題だ。現在のように、中和抗体価など有効性のサロゲートマーカーが確立していない状況では、プラセボ対照ランダム化比較試験を実施して、ワクチンの有効性を示す必要がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)