国内の製薬企業では、重点疾患領域の絞り込みや研究開発体制の集約などによって、長年勤めた会社を離れる研究者が少なくない。そうした人にとって、有力な転職先の1つになっているのが、ヘルスケア領域のベンチャーキャピタル(VC)だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)