アステラス製薬は2016年10月19日、化学及血清療法研究所と進めていた事業譲渡の協議が終了したと発表した。協議終了の理由は明らかではないが、背景には、事業譲渡を誰がどのように決議するのか、化血研のガバナンス(意思決定のシステム)が不明確であることも一因だったようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)