業界こぼれ話

癌治療学会市民講座を患者団体が糾弾

(2016.11.07 00:37)1pt
2016年11月07日号

 2016年10月20日から開催された日本癌治療学会総会の期間中、同学会が共催した市民公開講座「がん撲滅サミット2016」(主催:がん撲滅サミット事務局)をめぐり、開催前にちょっとした騒動があった。がん撲滅サミットのプログラムの1つ、「公開セカンドオピニオン」のセッションの演者に、標準治療外の治療法を提供する医師が入っていたことに、癌患者団体と一部の医師が反発。患者団体が申し入れしたり、医師が癌治療学会から退会する事態

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧