記者が取材先を探す方法の1つとして、法人の登記事項証明書を取得することがある。企業の住所が確認できる他、役員を確認したり、代表取締役の住所を確認できるからだ。だが近年、登記簿に登録する住所を現在居住していない場所に設定する代表取締役も増えているようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)