業界こぼれ話

登記簿の虚偽記載を余儀なくされる社長

(2017.11.06 00:40)1pt
2017年11月06日号

 記者が取材先を探す方法の1つとして、法人の登記事項証明書を取得することがある。企業の住所が確認できる他、役員を確認したり、代表取締役の住所を確認できるからだ。だが近年、登記簿に登録する住所を現在居住していない場所に設定する代表取締役も増えているようだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧