食品と腸内細菌の関係を調べる研究が、世界中で活性化している。ヨーグルトをはじめ、腸内に作用すると考えられている食品を販売する企業の中には、腸内細菌研究を健康増進効果を立証するためのチャンスと捉え、研究を活発化させているところが少なくない。一方で、腸内細菌研究を通じ、明らかになりつつある知見には、企業にとって不都合な真実も含まれているようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)