米国ケンブリッジに研究拠点を構える、ある国内ベンチャー企業の経営者が米国出張したときのこと。大手製薬企業やベンチャー企業がひしめくケンダル・スクエア付近で、ライドシェアサービスのウーバー(Uber)に乗車した。すると、乗車するなり髭面の運転手が、勤務先や事業内容をしつこく聞いてきたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)