ノーベル賞、発表「会場」の舞台裏

 ノーベル財団は毎年、10月初旬にノーベル賞の受賞者を発表する。今年は10月5日(月)に生理学・医学賞、6日(火)に物理学賞、7日(水)に化学賞、そして8日(木)に文学賞が発表された。日経バイオテクとして注目しているのは生理学・医学賞や化学賞だ。そのため京都大学や大阪大学などには、毎年記者を派遣して準備している。都内の大学であれば、ノーベル財団が受賞者を発表してからでも、急いで駆けつければ記者会見に間に合うからだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)