株主総会で出席した株主に配布する「お土産」をやめる企業が増えているといわれる。出席株主数が増えれば、収容能力が高い会場を探す必要があるし、お土産のコストも馬鹿にならない。だが、出席どころか、認否に関係なく議決権を行使することに対して、QUOカードの配布などを行っている赤字のバイオベンチャーも多い。10月6日に上場廃止を控えるメディビックグループも、議決権を行使した株主に対して500円分のQUOカードを配布していた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)