理化学研究所は2019年9月5日、100%出資する子会社を設立した。新会社の理研鼎業(ていぎょう)は、理研の知的財産権の管理やライセンシング、ベンチャーの設立支援や育成、企業との共同研究のコーディネート、会員制組織の運営などを行う。要するに、理研が生み出す研究成果を社会還元するとともに、その収益を理研に還流する役割の組織だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)